(治療と違い)自分の体として実感出来る時間をご用意しました。 ご家族やお友達を中心にして利用してください。
体が歪む硬い痛い辛いを、体バランスの解説しながらですので自分発見の実感体験が出来ます。
人数は3人一組程、ご自分で不快であるが分からない体について学習体験しながら解決の方法が見つけて下さい。
分かりやすいく、筋肉、骨格、関節、体のバランス等々、解説を加えますので、 自分で自分を確認をしていきます。
が開かない・が歪んで変・頬骨が片方だけ出ている・の動きが右左違う・仏が出すぎ、がいびつ・乳房の位置が右左違う・がスムースにいかない・の形が左右違う・股関節のとび出しや開きが左右違う・が曲がってX脚O脚足底の湾曲が左右違う・まっすぐ歩けない・同じ位置に足が着けないゆすって歩いてしまう・捻挫しやす・じっと立っているのがつらい座ると片方へ傾く等々。 より深くご希望の自覚症状についても学習出来ます。
安心出来るご家族、お仲間と自分の体について体験学習しませんか?・・(体の再発見 出来る内容と時間です)


こちらからどうぞ⇒⇒◆チョット質問・体験したい・内容を知りたい・意味分かんない・等々電話もOK

治療は直:TELにて申し込み下さい 厚生労働大臣免許 角針灸院 かくしんきゅういん
東京都江戸川区鹿骨2−33−23KAKUSHIN_角尾貞典 03-3679-0075 ・予約受付午前10〜午後6時・月曜日休院
⇒⇒⇒◆KAKUSHINを・・・・Googleストリートビュー映像で確認してみよう


感染性胃腸炎が猛威

http://www.asahi.com/health/news/TKY201002170533.html
強力な感染力で一度に広がると警戒中。

裸足で園児健康

http://www.asahi.com/health/news/NGY201002050006.html
足裏を刺激するメニュー昨春から実行。

産経抄

産経抄

産経抄

タミフルが河川汚染?

http://www.asahi.com/health/news/TKY201002130352.html
水鳥が飲んで感染力が強いウイルス懸念。

糖尿病の異なる意見を参考に

違った意見がネットに飛び交う

定期健康検診でメタボの項目が追加され、
血糖値の基準に興味がわいたので、
今後のためにネット検索してみました。


健診基準値は空腹時血糖値 99mg/dl以下
ヘモグロビンA1c 5.1以下

これって結構厳しい数値になっていますね。

カーボな毎日が気になったので引用させていただきました。
皆さんも参考にしてください。

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-category-47.html
(ドクター江部の糖尿病徒然日記より引用させていただきました)
@血糖値を急峻に上昇させるのは、糖質だけである。
Aタンパク質・脂質は血糖値を上昇させない。
B追加分泌インスリンが大量に必要なのは、糖質だけである。
Cタンパク質を摂取すると、少量の追加分泌インスリンがでる。
D脂質を摂取しても、追加分泌インスリンは、分泌されない。
E糖質制限食で高血糖は改善するが、肝臓の糖新生などにより、低血糖にはならない。
日本糖尿病学会推奨の「糖質60%、脂質20%、タンパク質20%」で食事指導を行う限りは、いくら運動療法を頑張っても糖尿病の増加をくい止めることはできなかったということが、久山町研究ではっきり証明されたわけですね。今の日本のごく普通の食生活において、総摂取カロリーの60%を糖質で摂る時、その糖質のほとんどは精製された炭水化物になります。・・
これら精製炭水化物を摂取すれば、毎回ブドウ糖ミニスパイク(7.26ブログ)が生じ、血糖値は正常人でも30〜60分で160mg程度に上昇します。肉や魚、豆腐などタンパク質と脂質が主の食品は血糖値をほとんど上昇させません。玄米はパンや白米よりは血糖値を上げにくいです。久山町研究でも、 糖質制限食はまあ無理としても、せめて主食を玄米にしていれば将来の糖尿病発症予防効果があるていどあったと思うのですが・・・ 
一日に数回、ブドウ糖ミニスパイクが生じています。その度にインスリンが分泌され、30年、40年、50年・・・。とうとう膵臓のベータ細胞が疲れ果て、インスリンの分泌不足が起こり糖尿病の発症です。日本人・アジア人はインスリンの分泌能力が欧米白人より少ないので、糖尿病になりやすいとされています。


http://www.sanpo19.jp/modules/weblog0/
(山梨産業保険推進センターより引用させていただきました)
現在の欧米人は基本的に肉食です。乳製品もたくさん食べます。したがってインスリンの分泌が増えます。インスリンが多くなると肥ります。アメリカには腹回りが180センチを越えるかと思われる男女がたくさんいます。お腹に脂肪がたまるとインスリンの働きが悪くなります。そこで膵臓のランゲルハンス島が張り切ってさらに多量のインスリンを分泌します。これが高インスリン血症です。
このような肉食→肥満→インスリン抵抗性という悪循環を断ち切るには生活を思い切って穀物(糖質)中心の食生活に変えなければなりません。
欧米でも植物由来の食品を中心に生活している人たち(ベジタリアン)には糖尿病が少ないことが知られています(参考文献)。いくつかの臨床試験で2型糖尿病患者の食事をベジタリアン食にすると、血糖管理が容易になり、心血管系の病態が改善することが知られています。これから、メタボリックシンドローム(内蔵肥満症候群)の予防に向けて「日本人の食生活」を考えてみましょう。


http://dm-medical.net/14/000370.php
(糖尿病メディカルネットより引用させていただきました)
 ドイツの食事療法は炭水化物の量を中心に考えられており、その量はBrot Einheit(パン単位)として、パンの炭水化物量にすれば何単位かというものであった。近年は米国でも炭水化物のcarboと先の部分をとって呼び、これで炭水化物の摂取量を決めている。わが国では、交換表を用いるエネルギー中心の食事療法から抜け出せない状況なので、カーボ・カウントを受け入れるには年月がいると思われる。
 米国ではカーボの単位を炭水化物15gとしているが、最近のわが国の速効性インスリン治療に対応するカーボではカーボの単位を10gと計算しやすいようにしている。・・・
カーボ・カウント法が出てきたのでわが国でも考えみる必要があるのではなかろうか。
食事療法のチェックポイント
 食事療法で大切なのは大まかなエネルギー量と蛋白質量である。蛋白質を多く含む食品と、それを1日にどれくらい食べればよいかを教えること、次は炭水化物を含む食品とその量である。
 筆者は、朝、昼、夕食の時間と、主に食べるものを聞いている。また主菜、副菜なども聞いて、その人の嗜好や食事のとり方(食行動)も理解するようにしている。特に調理の仕方などから摂取量の多寡も推定できる。2〜4日間の食事の内容と量を書かせるのはもっとも効果的であり、秤量してあるときはその人の食事療法に対する意気込みもうかがえる。
 このような調査をときどき行って血糖コントロールと対比してみれば食事に問題があるかどうかが評価できる。


私には大変参考になりました・詳しくは直接サイトをご覧ください







ご質問、お問い合わせ有難うございます。
何度でもお答え差し上げます、しつこくお問い合わせ下さい。
自分が変われば、周りも変わる。周りが変われば自分も変わる。
無理に頑張らずに、行動し、思考して行きましょう。
⇒⇒◆詳しい質問や個人的なお問い合わせはこちらから


治療ご希望の方はTELにてご予約下さい。
東京都江戸川区鹿骨2−33−23KAKUSHIN_角尾貞典 03-3679-0075
治療の予約受付は午前10〜午後6時迄、日曜・祝祭日は休みです。 ⇒⇒⇒◆KAKUSHINを・・ビュー映像で確認できます。





スポンサードリンク




ご質問、お問い合わせ有難うございます。
何度でもお答え差し上げます、しつこくお問い合わせ下さい。
自分が変われば、周りも変わる。周りが変われば自分も変わる。
無理に頑張らずに、行動し、思考して行きましょう。
⇒⇒◆詳しい質問や個人的なお問い合わせはこちらから


治療ご希望の方はTELにてご予約下さい。
東京都江戸川区鹿骨2−33−23KAKUSHIN_角尾貞典 03-3679-0075
治療の予約受付は午前10〜午後6時迄、月曜日休院。
⇒⇒⇒◆KAKUSHINを・・ビュー映像で確認できます。



Seesaaは独自ドメイン商用利用可能な完全無料ブログです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。